ドラマ「中学聖日記」第4話あらすじとネタバレ感想!

中学聖日記4話は、花火大会。

絶対に物語が動くであろう、イベントですね。

何が起きるかドキドキもあり、少し恐怖を感じる回でした。

以降、ネタバレありますのでご注意を。

「中学聖日記」第4話のあらすじ

聖は黒岩の純粋さに、惚れてしまいそうになっていました。

学校では期末試験も終わり、夏休み。

生徒達は気分が、上がっていました。

聖は、夏休みに花火大会の見回りをします。

それを聞いた黒岩は、なんだか嬉しそうでした。

 

保護者のサインをもらうために、聖は黒岩の家に伺いました。

そこで少しの間ですが、黒岩と少しだけ二人になる瞬間があり、黒岩は何かを言おうとしました。

でも言えず、聖は帰ってしまいます。

 

黒岩は同級生のるな(小野莉奈)に、聖の携帯番号をもらいました。

黒岩は聖に、花火大会の後に会いたいとメッセージを送ります。

メッセージを読み、聖は動揺していました。

 

一方、勝太郎(町田啓太)は、上司の原口(吉田羊)にキスをされてから意識するようになります。

その上、二人でシンガポール出張に行くことに。

 

花火大会当日。

黒岩はるなから聖の携帯番号をもらう代わりに、るなと一緒に花火を見に行くことになっていました。

花火を見ながら黒岩は、るなに謝ったり、聖のことばかり話したり。

それに我慢できなくなったるなは、黒岩に抱きつきます。

黒岩はそれを聖が見ていたことに気づき、聖の方に向かいました。

 

しかし、聖を捕まえたのは勝太郎と一緒に来ていた原口でした。

原口は聖に、勝太郎としっかり話してと言われました。

 

花火大会の後、黒岩は待ち合わせ場所でずっと聖を待っていました。

でも、聖はなかなか来ません。

 

聖が遅れて待ち合わせ場所にいくと、黒岩はもういませんでした。

会えなかった聖は、海で靴を洗います。

するとそこに、黒岩が現れました。

二人は海でいったいなにを語るのか・・・

 

「中学聖日記」第4話の感想!

夏休みの花火大会。

もう、何かが起きる予兆ですよね。

花火が打ち上がった瞬間、何かが始まる合図です。

みんなの気持ちが高ぶる瞬間です。

やっぱり花火×キスはいいですね。

 

さて、ちょっと黒岩くんが怖くなってきました。

家に来た聖の腕を掴んだり、本人以外から携帯番号をゲットしてメッセージを送ったり。

中学生だからいいかもですけど、一般的な大人がやれば完全に犯罪臭がします。

少し重たい恋愛ドラマになってきて、観るのが疲れてきました。

 

有村架純さんの花嫁修業シーンは、かなり可愛いですね。

結婚を夢見て家事掃除をこなしている姿は、本当に奥さんみたいでした。

もう有村架純さんも、そんな歳なんですね。

ビリギャルやってた子が、若奥様演じる年齢・・・。

時間の流れを感じますね〜。

 

有村架純さんと町田啓太さんの掛け合いは、本当の恋人みたいでほっこりしました。

お互い意識している人物がいる中で、やっぱり自分の相手はこの人しかいないと再認識している感じがします。

ただ、これが壊れていくのが今後の物語だと思うので、少し怖いです。

 

勝太郎は女上司に言い寄られていますが、それに動じないようにしています。どうなるのやら。

今回は、純粋な中学生の夏祭りの楽しみを思い出させてもらいました。

黒岩くんとるなちゃんが金魚すくいをしたり、仲良さそうで可愛いです。

大人の勝太郎と原口がそこに来るというのは、対照的な演出ですね。

純粋な中学生と、落ち着いている大人。

中学生の無邪気さが際立ちますね。

 

あと、花火も普通にすごかったですね。

ドラマでここまでするのは、気合入ってますね。

 

さいごに

最後の海のシーンは、とてつもなく大切なシーンでした。

ここで黒岩くんは聖に、純粋に真っ直ぐに自分の思いを伝えます。

「今日だけいてください。そしたら聖ちゃんを諦めます。」

聖はもう限界なんでしょう。

黒岩くんのことを好きだとわかっていても婚約者もいるし、教師だし。

世の常識やモラルに縛られていて、苦しんでいるんだと思います。

黒岩くんも気持ちが抑えられず、とうとうキスしちゃいました。

聖も目を閉じましたから、黒岩くんだけを責められないですね。

超えてはいけない線を、二人は超えてしまいました。

ここからは茨の道が待っていると思います。

どうするんでしょう?

「中学聖日記」原作マンガを無料で読む方法!漫画村など違法でなく合法で読めます