ファンタビ2ナギニ役はキム・スヒョンさん!アジア人起用は理由があった!

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に登場する、大蛇ナギニ。

「主要キャストにアジア人が出てる!」と驚きました。

J・K・ローリングさんってハリー・ポッターの時は、イギリス人を起用することにこだわってたので。

ナギニは、最初からアジア系の設定なんだそうです。

ナギニ役は韓国人のキム・スヒョンさん。

アメリカではクローディア・キム(クラウディア・キム表記もある)の名前で、アベンジャーズにも出演している女優さんです。

西洋の雰囲気バリバリのファンタビの中で、ナギニだけは東洋的な異質のキャラクター。

気になったので、ナギニの由来やキム・スヒョンさんについても調べてみました。

※ファンタビ、ハリポタシリーズのネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意ください。

「マレディクタス」「ナギニ」とは?

 

View this post on Instagram

 

🐍♥️ 오늘 마지막 트레일러가 공개됐어요. #내기니 그리고 #신비한동물사전 11월16일 개봉 기대해주세요! ・・・ #ClaudiaKim is…Nagini! 😱🐍The final ‘#FantasticBeasts: The Crimes of Grindelwald’ trailer was just released, and a big name from the #HarryPotter books is a major part of the new film. Until now, Warner Bros. hasn’t disclosed the name of the character played by Kim in the movie. Kim is none other than Nagini, a circus performer and contortionist who eventually becomes Lord Voldemort’s trusty killer serpent and Horcrux. Click the link in our bio to watch the trailer and read our exclusive interview with Kim about the reveal. 📷: Alon Amir/Warner Bros.

C L A U D I A 수현さん(@claudiashkim)がシェアした投稿 –

 ファンタビ2に登場するナギニ。

外見はアジア系の美女ですが、大蛇に姿を変えるマレディクタスです。

マレディクタスは、ハリポタシリーズに登場する「血の呪い」によって魔法動物に変身してしまうもののことです。

変身は自分の意思でコントロールできず、最終的には人間に戻れなくなります。

 

マレディクタスとはラテン語で、「呪われた」を意味します。

「血の呪い」が何なのかはっきりしませんが、母から娘へ血縁に受け継がれていく呪いの

ようです。

『ハリー・ポッターと呪いの子』でも、ドラコの妻が「血の呪い」にかかっていました。

ナギニが初めて登場するのはシリーズ4作目、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 です。

ハリー・ポッター最大の敵、ヴォルデモートに仕える大蛇として登場。

ファンタビ2で、元は人間であるマレディクタスであることが分かりました。

 

大蛇に変身するナギニの動画は、こちら

ナギニがアジア人設定の理由

ナギニの名前の由来は、「ナーガ」からきています。

「ナーガ」はインド神話が起源で、蛇族や蛇神を意味します。

サンスクリット語で「蛇(コブラ)」の意味です。

「ナーガ」の女性形が「ナーギー」。

 

J・K・ローリングさんは、ナギニの名前をインドネシアの「ナガ」からとったとツィッターで明言しています。

「ナガ」はの生えた姿や、半身が人で半身が蛇の姿で描かれることもある。

インドネシアには数百の民族がいて、ジャワ島人、中国人、ジャカルタ人もいる。

って書いてありますね。

だからナギニがアジア系設定なのは、自然なのことなのだということでしょう。

インドネシアあたりから連れてこられた背景を持つキャラクターなんですね。

 

「ナーガ」は日本だと、よくゲームなんかに登場しますね。

ペルソナのナーガラジャとか。あれはナーガ族の王ですよね。

 

ナギニ役 キム・スヒョンさんのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

one of my favorites from the new #physiogel #campaign #피지오겔 x #수현 💋

C L A U D I A 수현さん(@claudiashkim)がシェアした投稿 –

名前:クローディア・キム(Claudia Kim)

本名:キム・スヒョン(김수현)

出身:大韓民国

生年月日:1985年1月25日

 

【代表作】

2014年、Netflix『マルコ・ポーロ』クーツルン役

2015年、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ヘレン・チョ役

2018年、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ナギニ役

 

2006年から韓国でモデルとして活動していた方です。

2010年から韓国のドラマ『逃亡者 PLAN B』に出演し、女優としても活躍し始めました。

2014年のNetflixオリジナルドラマ『マルコ・ポーロ』で、英語圏でも活躍する女優に。

2015年にはアメリカの人気コンテンツである、マーベルヒーローシリーズにも出てるんですから大出世ですね。

 

さいごに

ハリー・ポッターシリーズは舞台がイギリスで、主要キャストはイギリス人オンリー。

ハリー役もリアム・エイケンがアメリカ人だったため、ダニエル・ラドクリフに変えたと聞いていたので、アジア人の主要キャストにはびっくりしました。

ワールドワイドに展開する物語なので、イギリス人にこだわらなくなったんでしょうか。

東洋にも魔法界あるんですかね?

 

ハリポタとファンタビ、2つの大作シリーズは今から観るのが大変ですが、ちょっと興味が出て来ました。

これだけ細かく設定に凝って世界観を作っていると、物語が増えるにつれて繋がりも増え、ファンは深みにはまっていきますよね。恐るべし…J・K・ローリング!

一方、読み切り感がないので途中参加者には厳しいものがあります。

観るならやはり、ハリポタシリーズを順番に観てからの方がいいんでしょうね。

ファンタビ2からなんて、ワンピースを途中から読むようなものですよ。

ルパンみたいに、ある程度シリーズ毎に完結してくれてないとね。

新作公開の度に動画サイトで一挙配信とかあるので、そこを狙って視聴したらいいかな。

まあ、気が向いたら、観ることにします。