日本版ドラマ「SUITS/スーツ」第4話のネタバレ感想とあらすじ!

今回は甲斐と大輔が別々で動いて、最後にどっちも勝つという展開。

大輔の初裁判がありましたね。

これ以降、法廷シーンが増えるのではないかなと思っています。

「SUITS/スーツ」第3話のあらすじ!

甲斐は東大法学部教授の退職を祝う会で、大手ファームに所属している後輩弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会。

甲斐の目的は、訴訟を起こされた製薬ベンチャー企業のナノファーマに関する情報を得ることでした。

なぜなら、ナノファーマの代表である辛島悠紀夫(小市慢太郎)と事務所の代表である幸村が仲良くデートしているところを目撃したからです。

その後、甲斐は幸村から、ナノファーマの弁護をすることを決めたと言われました。

その理由が、実は、辛島は幸村の元夫だったのです。

 

一方大輔はクイズ大会に敗れて、ボランティア案件を蟹江から任せられていました。

支払い勧告を無視して家賃を滞納していたため、オーナーから訴えられているという案件です。

しかし被告人の春日友加里(生越千晴)は、マンションの管理状態が悪く飼っていたウサギがなくなり、それで会社もやめ鬱になったと主張し、法廷で闘うことになりました。

 

甲斐の案件は、新薬「レミゼノール」の副作用で患者8名から訴えられているナノファーマの弁護です。

甲斐は和解を提案しましたが、相手が申告してきた額はとうてい払えないため法廷で争うことになります。

 

一方、大輔は自身が任された初裁判。

相手に後から証拠を提示されて、負かされてしまいました。

 

甲斐の方は法廷で戦っていましたが、辛島のパートナーの立花理乃(中原果南)が提出する書類の一部を隠蔽しました。

それがバレて、甲斐は圧倒的に不利になりました。

 

甲斐は副作用が出た被害者を集め、ビデオを見せました。

そこには難病を患っていた辛島の姿が写っていました。

立花が隠していたデータは、辛島が難病を患っていたことを隠すためだったのです。

実は辛島も、被害者と同じ肝機能障害を患っていました。

辛島はもう一度チャンスがほしいと訴えかけ、同意してもらえるなら株式を一部贈呈すると言い、原告側も和解に応じる形で収まりました。

そして、大輔の裁判も終盤を迎えます。

実は、春日はまだ隠していたいことがありました。

それは、かゆみです。

物件を調べてみると、しらみが発生していることがわかりました。

これはオーナーの策略であることを見せつけると、オーナーはなんでもするといい、和解は成立しました。

どちらも勝利で、幕を閉じました。

「SUITS/スーツ」第3話の感想

今回はリーガル系のドラマの醍醐味である、法廷シーンがありました。

法廷は証拠と自分の言葉だけで闘う、いわば言葉の格闘技だと思います。

今回は甲斐と大輔が別々で動いていました。

内容的に交錯しているので、しっかり観ないと混乱しそうでした。

 

天才・大輔の能力はすごいですね。

3日間で膨大な資料を覚えろという凡人には絶対にできないことを、簡単にやってしまいます。

彼、ハイスペックすぎでしょう。別に弁護士じゃなくても生きていけそうですよね。

 

さて、徐々に心が近づいてきている聖澤と大輔の関係性。

今後も楽しみです。

今回は特に、距離が近づいたと思います。

初裁判のときにネクタイを直してあげたり、物件のことを探る際に夫婦を演じたり。

最後も聖澤が大輔に助け舟を出したし、少し妹分の砂里に嫉妬しているような素振りももありました。

今後の二人の展開に楽しみです。

 

今回は蟹江の登場が少なく、寂しかったです。

蟹江は、ドラマにメリハリを出すナイスガイです。

内部の敵っていうか、ライバルかつ味方みたいな。

ただ、蟹江が最後裏切ったりするのかな〜?とか。

それとも最後は、ファームが一丸となって誰かと闘うのかな〜?とか。

今後の蟹江の心情も、楽しみにしております。

 

さいごに

次回予告で、縁を切ったはずの谷元遊星が、また誰かに追われています。

砂里の兄で大輔の友達だった人なんで、また登場しても不思議ではないんですが。

来週は大輔がそれを助ける、というのはほぼ確定ですよね。

甲斐も手伝うんでしょうね〜。もう相棒ですもんね。

今回、法廷シーンの前で、甲斐が大輔に資料チェックを確認したことを聞きましたが、質問はしなかったですよね。

前までは覚えているか質問をしていましけど、もう質問する必要がないと判断したということで。

それは、大輔なら覚えているに違いないと信用しているから。

やっぱり、相棒なんですね、もう。