ドラマ『獣になれない私たち』第1話 ネタバレ感想とあらすじ!電車のシーンで飛び込むのかと思った…

「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」と大ヒット作品を手がける脚本家の野木亜紀子さんと、誰もが知る大人気女優・新垣結衣さんのタッグ再び!

ドラマを彩るのは、相手役に松田龍平さん。

新垣結衣さんの恋人役には「おっさんずラブ」で大人気の田中圭さん。

他にも黒木華さん、菊池凛子さん、田中美佐子さんと実力派俳優の方々。

「自由に本能のままに生きられない2人の笑えて切ない『ラブかもしれないストーリー』」

と始まる前から話題になっていましたよね。

待ちに待った1話がスタートしましたが……

以下、ネタバレと感想がありますのでご注意くださいね。

『獣になれない私たち』第1話あらすじ

クラフトビールバー「5tap」から物語は始まります。

深海晶(新垣結衣)花井京谷(田中圭)のカップルも、その店の客の一組。

少し離れたところには、もう一組のカップルらしき男女二名。

根元恒星(松田龍平)橘呉羽(菊地凛子)

各々がビールを楽しむ中、呉羽が唐突に「私、結婚した!」と告げて薬指のリングを見せるのです。

お客さんはもちろん、隣にいる恒星もかなり驚きます。

呉羽はそんな彼の事は気にせず、シャンパンがわりに結婚祝いのビールを開けさせ、「5tap」店内にいる客たちに振る舞いはじめました。

晶と京谷もその乾杯の輪に加わり、4人は偶然にも一緒に呉羽の結婚を祝うことになったのですが……

なんと呉羽の結婚相手は隣にいる恒星ではない、別の男性。

恒星とは、「お互いに大して好きじゃなかったから」と笑うのです。

呉羽に言葉もない客たち。

晶は恒星に視線を向けますが、ずっと黙ったままだったのでした。

 

翌朝、出勤前から仕事の連絡で振り回される晶はてんてこ舞い。

厳しく次々と指示を飛ばす上司、要領の悪い仕事仲間のお陰で負担は晶に全てのしかかっていました。

疲れ切った晶はクラフトビールバー「5tap」へ。

マスターと軽妙に話しながら飲む恒星に話しかけます……

家庭崩壊して親と縁を切り、仕事に追われながら結婚にも悩む、晶。

「人生の残り時間が短いから手放した」と法螺を吹く毒舌の恒星。

「最後に、(セックス)する?」なんて人妻になってもセックスに誘う奔放な呉羽。

親に秘密を抱え、妹と暮らす京谷。

京谷の元恋人で未だに居候中の引きこもりニート朱里(黒木華)

彼らの行く末やいかに

 

『獣になれない私たち』第1話の感想

ドラマの感想は………面白い。でも、しんどい。

それでも、やっぱり見ごたえがある。

ひたすらにこれにつきます。

 

この1話で描かれる、特に主人公の一人である晶の現実はあまりに過酷で、現代社会を生きる私たちそのものと言えます。

何人の人が上司の言葉に、仕事相手の態度に、だからとナメられた姿勢に、

言いたいことも言えない現実に苦しんで、電車の線路を見つめたことでしょう。

ニュースになったり、漫画本が出たりしましたよね。

これ、思い出しました。

個人的には、帰宅して疲れて、そしてようやく少し落ち着く22時から見るには、まだ救いがなさすぎてつらいかも。ここから良い方向に進んでいくと思っていますが。

 

しかし、やはりしっかりと感じられる野木節。

冒頭のビールバーの場面で呉羽の格好を見て「どこにアピールしてるんだ?」「あれ(派手な服装を)すきな格好そうそういなくない?」と言う京谷。

『男のために服を着る女』と思う彼へ「着たい服を着ているだけなんじゃないの?」と返す晶。

 

最後のシーンでは、吹っ切れた晶が冒頭に呉羽の履いていたブーツ、とても職場に着てくるような服ではないが、『自分が着たい服』を着て現れます。

とても見ていられないほど苦しんでいた姿から「自分」を少し取り戻した晶に、今後の彼女を、そして獣になれない本当の自分もわからなくなるほど、自由に生きられない大人たちの今後を見守りたい、そんな思いに駆り立てられます。

しんどい、でも次も見たくなる、そんなドラマでした。

 

さいごに

晶がいろんな息辛さから解放されていく姿が見たいですが、そう簡単には解放されないんでしょうね。

野木さんの脚本は、時代の空気を捉えて切り裂いてくれるところがあるので、ラストまで見続けたいと思います。

布石と伏線の回収も楽しみですし。まだ1つも分からないですけど(笑)

「獣になれない私たち」第1話に出てたビアバー・5tapのクラフトビール元ネタ! けもなれ1話の見逃し無料動画サイトと再放送!Huluの他は?(獣になれない私たち)