「リーガルV」第3話のネタバレ感想とあらすじ!

「リーガルV」の第3話が放送されました。

今回は、なぜかいつも事務所に出入りしている、ヤメ検の大鷹がメインの裁判です!

事務所の人間でもないのに、いつも出入りしてるのが謎のおもしろいキャラクターです。

以下、感想とネタバレありますのでご注意を。

「リーガルV」第3話のあらすじ

事務所の親睦会で、御岳山へ行った京極法律事務所の一行。

そこでばったり、ヤメ検大鷹(勝村政信)に会います。

この近くで起こった、キャンプ場殺人事件の弁護をしているようです。

翔子(米倉涼子)は法律事務所の名前を売るために、協力することにします。

 

容疑者の浅野(桐山漣) は、妻を殺害した容疑がかかっており、

目撃証言、多額の保険金、愛人がいるなどかなり不利な状況。

しかし本人は無罪を主張。

唯一の手がかりは、東京でばったり会ったという美術の蟹江(岡本信人) に証言をしてもらうことでした。

 

しかし蟹江は、東京には行っていないと主張し、あげく検察側の証人になってしまいます。

翔子は蟹江がなぜ嘘をついているのか、その真実を探るために蟹江と同じ学校の教師らにカマをかけます。

無事に蟹江から真実を聞くことができ、見事、浅野の無罪が立証されました。

 

「リーガルV」第3話を見た感想

今回は大鷹の大活躍と、京極法律事務所のみんなの協力があってこそ、勝ち取った無罪だったのではないかと感じました。

ドラマの前半では、浅野の容疑を晴らすのはとても難しい状況でした。

浅野の態度もひどいものです。

しかし浅野の、「蟹江先生は若い奥さんと一緒にいた」という一言から、翔子の動きが始まります。

 

ストーカーで捕まった前科のおかげ(?)で、馬場(荒川良々)は蟹江を尾行し、不倫の現場を捉えます。

理恵(安達祐実)のハッキングで、浅野の目撃情報として投稿された写真が合成であることを見抜きます。

フォトマスター検定一級の京極(高橋英樹)が、新たに投稿された写真と前の写真が同一人物による撮影だということも見抜きます。

 

みんながそれぞれ得意分野を発揮して、今回の事件は解決できたのではないでしょうか。

どれも、特殊な得意分野ですね(笑)。

蟹江が不倫を認めたのも、奥さんが気づいていること・不倫相手にもほかにまだ女性がいることを翔子が気づき、仕込んだからこそのことです。

事務所のみんなだけではなく、アルバイトをしながら弁護士をしている大鷹も、最後の最後までがんばりました。

そして天馬から声をかけられていたのに見放された大鷹は、無事に京極法律事務所の仲間入りを果たします。

よかったです!これからも大鷹の活躍が楽しみです!

 

さいごに

見るたびに怖くなっていく天馬も気になります・・・。

4話はどのような事件が起こるのでしょうか。