ドラマ「昭和元禄落語心中」第2話 ネタバレ感想とあらすじ!子役の男の子は誰?もっと見たい!

刑務所帰りの与太郎(竜星 涼)を拾った、落語家・有楽亭八雲(岡田 将生)

八雲の養女である・小夏(成海 璃子)の父であり落語家、そして八雲の親友だった有楽亭助六(山崎 育三郎)と母・みよ吉(大政絢)が奇妙な事故死。

それぞれの関係性と謎が浮き彫りになりました。

アニメで声優さんが演じられていた落語・キャラクターの貫禄のある様子がよかった・ドラマは出演する方がまだ若い……というネガティブな意見から、落ち着いて見られた・落語を聞いてみたくなったという声もあった1話。

八雲と助六の関係が語られていくであろう2話はいったいどうだったのでしょうか。

以下、ネタバレと感想がありますのでご注意くださいね。

「昭和元禄落語心中」第2話のあらすじ

舞台は昭和11年の夏に始まります。

有楽亭に入門するまさにその日、のちの八雲の前に現れたのは、のちの助六になる少年。

それが二人の出会いでした。

 

八雲少年は、縁あって七代目の元へ噺家として弟子入りする事となりました。

そこでは先ほどの少年が「弟子入りさせてくれ!」と騒いでいました。

親もなく、面倒を見てもらった男から落語を習った彼は「落語をやるために生まれきた」という。

そこで披露した落語を見た七代目は「猿真似だ」と言いつつも、落ち込む八雲を笑わせたと彼を気に入って、二人まとめて弟子入りさせます。

 

踊りの家元の愛人の子として生まれたものの、はやくに母を亡くし、怪我で踊りが出来なくなった八雲。

暗に捨てられ七代目の元へ来たことを痛感し涙します。

 

「必ず八代目八雲になる」と決めている助六は、明るくあっけらかんと

「これからは落語がたくさんできる」と笑います。

対照的ながら、互いに心を開いた二人は

「二人で日本中に落語を聞かせよう」

「助六は八雲を捨てない」

そんな約束を交わします。

 

時は流れ、昭和16年。

二人がようやく前座に上がれるようになったのは、戦争の最中のことでした。

助六には「初太郎」、八雲には「菊比呂」と名前を与えられた二人。

緊張でボロボロだった菊比呂に対し、明るく楽しげに前座を行う初太郎

菊比呂は、芸事に身をおける喜びをかみしめつつも、昼は学校に通っているために初太郎と開いて行く差に焦りを感じます。

 

女性を知り、色気の増した初太郎の落語。

ようやくやりたい落語が見つかったものの、時代は戦時中。

寄席の話の内容にも厳しい取り締まりが入り、中断させられることもしばしば。

色気のある話も御法度になるかもしれない、という話を耳にします。

 

落語どころではない空気が蔓延し始めた、昭和16年10月。

「不道徳・不謹慎」ということから落語会が自粛という形で、50いくつもの話が葬られました。

戦争は激しくなり、若い落語家も次々と戦争、手伝いの人は疎開へ。

とうとう二人残った弟子に七代目は言います。

「満州に慰問に行く。初太郎を連れて行く。菊比呂は(女将さんである奥さんと)田舎へ疎開するように」

じきに戦争へ行く初太郎に、少しでも落語をやらせたいという師匠。

おいていかれる、捨てれると悲しみに打ちひしがれながらも何も言えないまま、やむなく田舎へ行くことに。

 

やがて戦争も終わりを迎えました。

再び落語が出来ると喜び、東京の家へ戻るも二人からの連絡はなく。

「こんな時代だからこそ落語をやらなくては」

と言い続け、彼から預かった助六の扇子を手に、帰りを待ち続けます。

そして、無事戻ってきた二人を……初太郎を喜んで迎える菊比呂。

また落語が出来る生活が戻ってきました。

しかしそれは、菊比呂が初太郎との差を感じ、苦しむ日々の始まりでもありました。

そして、彼らの今後を変える訪問者が……

「昭和元禄落語心中」第2話の感想

おもしろい!

1話では、役の八雲(菊比呂)が壮年であることから、岡田将生さんの若さが気になるところでしたが、2話の過去編では当然若い時代ですので安心して見ていられました。

まずなにより、弟子入りの際の二人を演じた子役の子のうまいこと!

 

View this post on Instagram

 

撮影中に#岡田将生 さんと#山崎育三郎 さんと写真を撮ってもらいましたー📸 #大西利空 #南出凌嘉 #リョーカ #NHKドラマ10 #昭和元禄落語心中

南出凌嘉さん(@ryokaminamide_official)がシェアした投稿 –

特に助六(初太郎)を演じた男の子の江戸っ子風の話し方、活発さ、良い意味での粗雑さは自然で、助六そのものでした。

彼が落語をする場面はほんの少しでしたが、助六(初太郎)の生まれ持った才能のようなものを思わせる力強さがありました。

のちの山崎育三郎さんに成長しそうでしたよね。

 

山崎育三郎さんもかなりすごい!

ミュージカル界では王子と呼ばれている彼からは一転して、荒っぽく野性味が溢れ、色気にあふれていました。

イメージが大きく変わった風貌や演技ももちろん驚きましたが、リズム感、テンポ、表現力が落語に生かされていることが伝わり、実力と魅力が存分に発揮されていましたね。

それ故に、菊比呂がコンプレックスを感じることに、見ている側はより感情移入しやすかったと思います。

彼の明るく、圧倒的なセンスと眩さと才能。

輝くものを前にすることで、より自分の気持ちが陰ってしまう菊比呂の姿に共感できました。

 

また、これほど捨てられることを恐れた菊比呂が、やがて初太郎とも別れることになりながらも生きて約束を守り続け、与太郎と小夏に「私より先に死ぬな」と約束させたその思いを考えるとたまりません。

そしてとうとう現れた、運命を変えるであろう訪問者。

次回も楽しみで仕方ありません。

 

八雲・助六 子役のプロフィール!

八雲役・大西利空(おおにし りく)君


生年月日:2006年5月16日

出身:東京

身長:146 cm

活動期間:2011年 〜

所属:テアトルアカデミー

ドラマ・映画・CMに多数出演しています。

相棒や半沢直樹にも出ていた子役のこです。

映画「3月のライオン」では神木隆之介くん演じる主人公・桐山零の子供時代を演じていました。

可愛らしいですよね〜。

 

南出凌嘉(みなみで りょうか)君

生年月日:2005年8月10日

出身:大阪

身長:160cm

活動期間:2013年〜

所属:スターダストプロモーション

朝ドラ「純と愛」愛の子役時代を演じています。

ドラマ「花のち晴れ」では、平海斗の子供時代で出ていました。

活発な助六役が、本当に似合っている男の子です。

関西出身なんですね、ちょっと意外かも。

 

さいごに

やはり、若い時代の方は、岡田将生さんあってますね。

しばらくは、若い時代が続きそうですし、楽しみです!

若い俳優さんが老人、それも芸事のお師匠様となると、貫禄だすのは相当至難の業。

若い時代の演じて経験を積めば、最終話には現在の有楽亭八雲の演技も変わっていそうですよね。

そこも楽しみに見届けたいと思います!