ドラマ「下町ロケット2」第3話のネタバレ感想とあらすじ!

佃製作所とギアゴーストが、愛を育むお話でした(笑)。

買収を結婚と表現するとは、素敵ですね。

帝国重工の信用調査が怖かったですが、殿村がなんとか乗り切ってくれましたね。

最後は佃製作所が一丸となって、乗り切りました。

本当に佃製作所みたいな会社があるならば、知りたいし応援したいです。

不正をすればニュースになりますが、誠実に頑張っている中小企業の情報源は少ないですよね。

以下、ネタバレありますのでご注意を。

ドラマ「下町ロケット2」第3話のあらすじ!

ギアゴーストを助けるため、佃製作所は15億円の出資を決めました。

しかし佃製作所がギアゴーストを買収しようとしていることが外部に漏れてしまい、帝国重工の信用調査を受けることになりました。

 

帝国重工の信用調査がかなり厳しい理由が、伊丹(尾上菊之助)島津(イモトアヤコ)が帝国重工から追い出されたからであると伊丹は言います。

伊丹は帝国重工時代に部署の業績悪化で、下請け会社にコスト下げを頼んでしました。

しかし、相手の会社は考えると言って何も動きませんでした。

そんな時、的場(神田正輝)が部長としてテコ入れにやってきました。

するとその下請け会社を簡単に切り、倒産にまで追いやりました。

 

殿村(立川談春)の実家へ農業を手伝いに、佃たちは行くことに。

そこに、ギアゴーストの伊丹と島津も誘われてやってきました。

作業中に田植えの機械が壊れてしまい、田植え班と修理班に分かれて作業に取り掛かります。

それを見ていて伊丹は、トランスミッションを手がけていたのに何も知らなかったと、改めてトランスミッションの大切さを感じました。

 

信用調査の日。

殿村の父が倒れて、殿村が来ることができなくなりました。

かわりに迫田が対応します。

そこで帝国重工の信用担当・安本(古坂大魔王)が、リストにわざと載せていなかった資料の提出を求めました。

追い詰められている佃製作所に、殿村が登場。

求められた資料を持ってきて、佃製作所は信用調査を乗り切りました。

さて、佃製作所はこのままトランスミッションを作り、夢を叶えることができるのでしょうか…

 

ドラマ「下町ロケット2」第3話の感想

佃製作所がM&Aでギアゴーストを買収し、それが結婚すること同じという考えは素敵だと思います。

佃製作所とギアゴーストがどこまで一緒に戦えるのか、楽しみですね。

 

下町ロケットの面白いところは、他では使わない役者さんを起用するところです。

役者専門でない、芸人さんやタレントさんが登場しまくりです。

今作品では、古舘さんがでましたね。

あと、イモトアヤコさんとか。超重要役ですからね。

恵さんは、前作から引き続きですね。

 

第3話からの注目人物は、古坂大魔王さんです。

Twitterでも宣伝していましたので、楽しみにしていました。

体が大きいので、嫌味のある役はなかなかハマっていたと思います。

 

佃製作所とギアゴーストが仲良すぎて、本当に勝ってほしいと思いました。

なぜ一流の技術があるのに、それを潰しに来る企業があるのでしょうか。

そんな無駄なことで、世の中に大切なものが消えていていると思うとなんだか悲しいです。

このように仲のいい者同士で戦っていくと、なにか変わっていたのかも知れません。

 

信用調査のシーンは熱かったですね。

阿部寛さんに負けないくらい、古坂大魔王さんも闘うのにふさわしい演技をしていました。

古坂大魔王さんの悪役のオファーが増えそうですね。

 

安本が発した「これは決定事項だ」というのは、的場も下請け会社を切る際に言った言葉であります。

この言葉は的場派を象徴するセリフで、いい演出ですね。こういうの好きです。

 

さいごに

今回の話では、佃製作所とギアゴーストの仲が深まり、より信頼関係を持てる相手という演出が多くありました。

しかし、買収の話が漏れたのはきっとギアゴーストの社員がリークしたのでは?

そう考えると、佃製作所とギアゴーストの蜜月っぷりは、布石?

このまま上手くいくはずないでしょうからね。不安です。

絶対、この2つの会社内で問題が起きるでしょうから、どう乗り越えるのかが楽しみです。

 

帝国重工の中でも、派閥争いがありますね。

誰が何を思っているのかが、何もわかりません。

今後どういう展開になるのかが楽しみです。