ドラマ「下町ロケット2」第4話のネタバレ感想とあらすじ!

TBSドラマ「下町ロケット」第4話、

涙なしでは見られなかった回でした。

お父さんと殿村、奥さんと殿村、社長と殿村と殿村劇が繰り広げられました。

その話が良すぎたので、裏切り者がいる話でも涙が止まりませんでした。

あの怪しい食事会の雰囲気は、少し面白いです。

「下町ロケット2」第4話のあらすじ!

佃航平(阿部寛)は新潟にある殿村(立川談春)の実家に、ギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)島津(イモトアヤコ)を誘って行きました。

初めて、田植えを経験するためです。

そこで改めて、農業における技術発展の重要性の確認。

お互いを高めあっていました。

 

ある日、佃製作所の顧問弁護士である神谷(恵俊彰)が、ケーマシナリーのクレームの補正について気になる話を持ってきました。

クレームの補正が、ギアゴーストの設計完了の1週間後に行われているというのです。

神谷はギアゴーストの開発情報を漏らした人物がいると伝えました。

しかし伊丹は、社員にそんなことをする人がいるとは思わないと、その場を後にしました。

 

伊丹はギアゴースト社員の坂本(菅野莉央)から、資料を拝見してしまい買収の話を同じ社員の柏田(馬場徹)に伝えていたことを報告します。

それでも柏田が内通者なわけがないと伊丹は思っていて、神谷のことを信頼できないとまで言いました。

 

後日、神谷は伊丹・島津・佃を呼び出し、内通者がいるという証明できる資料を提示しようとしました。

しかし、伊丹は怒って立ち去ってしまいます。

島津は現実を受け入れる必要があると、資料を伊丹に見せました。

その原本の内容は、ギアゴーストの顧問弁護士である末永(中村梅雀)とケーマシナリーの顧問弁護士の中川(池畑慎之介)が仲良さそうに対談をしている記事でした。

 

中川弁護士との期限の日になり、そこで本件を訴訟する運びになりました。

しかし中川の助手から電話がかかり、和解の方法があると提示されました。

ギアゴーストを買収したい会社があると、言ってきたのです。

そこに現れたのが、ダイダロスの重田(古舘伊知郎)という人物でした。

重田は、帝国重工時代の伊丹が切り捨てた会社の社長だった男でした。

 

一方、殿村は父親の田んぼを手伝っていました。

父親はこれで田んぼはもう終わりにしようとすると、殿村は米作りを教えてくれと言い出します。

殿村は、父親の農地を継ぐことを決心しました。

それと同時に、佃製作所を辞めることも…

 

佃製作所は、訴訟に勝つために証拠集めに奮闘。

証拠を見つけることができ、神谷もギアゴーストの裁判を受けることにして体制が整いました。

しかし証拠不十分となり、今後どうなるのか…

 

「下町ロケット2」第4話の感想!

今回の話は2つのストーリーが動いていました。

1つ目は、ギアゴーストの訴訟問題。

2つ目は、殿村の田んぼです。

 

ギアゴーストの訴訟については、内通者がまあ、悪い奴ですね〜。

こういう裁判ごとになると、裏切り者が現れるのが基本ですが。

裏切り者がいると、話がテンポよく進みます。

そして、裏切り者がいると誰なのかを考えて予想したくなります。

そこが、面白いですね。

 

さて、もう1人新しい登場人物が現れました。

ダイダロスの社長、重田です。

重田と伊丹の関係性には、驚きました。

本当によく考えられているなと感じました。

 

これで敵は揃いました。

ケーマシナリーの知財部長の神田川、

顧問弁護士の中川、

裏切り者の末永、

ダイダロスの重田

という悪役4人が大集合です。

この悪役達と、佃たちはどうやって闘うのか!?

とても楽しみです。

前回も思いましたが、神谷さんは本当に頼れる弁護士ですね。

「負けない裁判はやらない」というポリシーの人ですが、それを言ってくれると安心感が違います。

絶対に勝つと思うので、勝ち方に注目したいです。

 

そして、今回、泣かしてくれたのが殿村です!

殿村は、佃製作所を去ることを決めました。

この決断も、カッコいいです。

あんなに思い入れのある会社をやめて、田んぼの方に行くなんて。

なかなか、決断できないです。

それを笑顔で見送ってくれる、社長の佃。

絵に描いたような、理想の会社ですよ。

こんな会社が増えれば、日本は平和になるのかな〜と感じました。

 

さいごに

次回予告では、なかなか波乱な展開になりそうな雰囲気でしたね。

中川は、まだまだ悪い計画していそうな感じがします。

それをどう乗り越えて、どうやって勝つのかが気になりますね。

また、次でゴースト編が完結するみたいです。

ロケットの話に戻るのでしょうか?

財前も殿村の畑に行ってた場面がありましたし。

佃の娘である利菜も、ロケットについて触れているますし。

これが伏線なのかな〜とも思ったりしました。

まだまだ一筋縄ではいかない下町ロケット!面白すぎで次も楽しみです。