安田純平さんプロフィールと経歴や家族、事件の経緯と拘束理由について時系列でまとめてみた

2018年11月2日の午前11時から、安田純平さんが記者会見を開くそうです。

3年も人質として拘束され、なぜ今になって解放されたのか?

かつて処刑された日本人人質2名と、彼は何が違ったのか?

そもそも、いつから戦場ジャーナリストで、どんな仕事をしてきたのか?

誰が拘束して、誰がどうやって助けたのか?

身代金払ったのか?要求されていたのか?

疑問が山盛りなので、ちょっと経緯を整理して疑問点をまとめておきたいと思います。

記者会見で答えが出るとはかぎりませんが…

安田純平さんのプロフィールと経歴

名前:安田純平(やすだ じゅんぺい)

生年月日:1974年3月16日

出身:埼玉県入間市

学歴:一橋大学社会学部卒

職業:フリージャーナリスト

以下、経歴は安田純平さん本人の公式サイト(http://jumpei.net/index.html)と、Wikipediaから合わせて整理したものです。

 

新聞社時代の経歴

1997年、信濃毎日新聞入社。松本本社配属。

2002年3月、休暇をとりアフガニスタン取材。

2002年4月、同社文化部に異動。

2002年12月、休暇をとりイラク取材。

2003年1月、同社退社し、フリーへ転身。

 

フリージャーナリスト転身後の経歴

2003年2月中旬〜、イラクに滞在しバグダードなどを取材。

2003年3月、一時出国もイラク戦争(同年3月20日〜)開戦直後に、偽造「人間の盾」ビザで再入国。

ホテルに宿泊し勝手に取材するつもりも、イラク軍に拘束されドーラ浄水場(人間の盾志願者が集まっていたところ)に入る。

イラク戦争での「人間の盾」とは、

イラクに大量破壊兵器があるという名目でアメリカを中心とした有志連合軍侵攻前に、人間の盾になるべく志願して標的区内に入った人たちのことです。

 

民間人が攻撃対象区域にいることで、攻撃させない目的です。

イラク戦争以外でも、みられる行為です。

イラク戦争では、連合軍に対して効果無しと判断されたようです。

イラク軍から解放された後も、イラク警察などから数回拘束される。

フセイン政権崩壊(2003年4月9日)後まで滞在し、中部ナジャフなどを取材して帰国。

2003年10月、イラクを取材。バグダッドを中心にクルド人地域、サマワなど。

 

2004年3月〜、イラクを取材。

2004年4月7日、「イラク日本人人質事件」発生。

イラクで日本人3名(ボランティアの女性、フリーカメラマンの男性、ジャーナリスト志望の未成年の少年)が武装勢力によって誘拐される。

 

目的は、当時イラク・サマワ地域に駐留中の自衛隊の撤退。

日本の首相は小泉純一郎氏で、日本政府は撤退を拒否。

 

2004年4月15日に、人質3名は無事解放された。

2004年4月14日、イラク地元住民の自警団にスパイ容疑で拘束され、4月17日に解放。

イラク日本人人質事件と重なり、日本国内で「自己責任論」が起きた。

参考記事:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/34176

この時のことで、2冊著書を出しています。
「囚われのイラク」 (現代人文社 2004/5)
「誰が私を『人質』にしたのか」 (PHP研究所 2004/11)

イラク戦争は2003年3月に、大量破壊兵器があるという名目でアメリカを中心に連合軍がイラクへ軍事介入しました。

 

当時のイラクは、サダム・フセインの独裁政権。

 

2003年内に正規軍同士の対決は終わり、2004年6月に暫定政府を発足させたものの、国内治安は悪化。

大量破壊兵器も見つからず、米軍は駐留し続けました。

 

2010年8月に、当時のオバマ大統領が戦闘終結宣言を行い、2011年12月14日に米軍完全撤収・終結宣言がされました。

 

2005年1月〜2月、スマトラ沖地震・津波で甚大な被害を受けたインドネシア・アチェ州を取材。

2005年7月、ヨルダン、シリアでイラク関連取材。

2005年10月、イラク北部を取材。

 

2007年2〜5月、クウェートで取材のため労働者になろうと就職活動。

2007年5~12月、イラク軍訓練基地建設現場で料理人をしながら取材。

2007年12月~2008年年1月、イラク首都バグダッド、民間軍事会社事務所で料理人をしながら取材。

2008年10~12月、戦場出稼ぎ労働者の実情でインド、ネパールで取材。

取材内容を著書にまとめています。

「ルポ 戦場出稼ぎ労働者」 (集英社新書 2010/3/17)

 

2009年、ヒーリングシンガー深結(当時はMyuと名乗っています)さんと結婚。

2012年、シリア内戦を取材。TBSの「報道特集」で放送。

 

2015年6月、トルコ南部からシリアに入国。20日のツイートを最後に行方不明。

2016年3月16日、拘束されているらしき映像が公開。

 

2017年5月、山本美香記念国際ジャーナリスト賞特別賞受賞。

イラク戦争・シリア内戦の取材が評価される。

山本美香さんは、2012年8月20日シリア内戦の取材中、シリア北部アレッポで銃撃を受け亡くなられたジャーナリストです。

 

彼女の死後、果敢かつ誠実な国際報道につとめた個人に対して

「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が創設されました。

 

 

安田純平さんの取材の成果

著書3冊出しています。

 

「囚われのイラク」 (現代人文社 2004/5)

「誰が私を『人質』にしたのか」 (PHP研究所 2004/11)

この2冊は、イラク戦争開戦後、現地に残って取材を続けた成果と、人質となった時のことが記されているそうです。私は読んでいないためコメントできませんが。

 

「ルポ 戦場出稼ぎ労働者」 (集英社新書 2010/3/17)

こちらは、料理人として就労してまでイラクに潜入取材したもの。

わざわざ料理人として滞在していたってことは、もしかしてパスポートは既に日本政府に没収されていたのでしょうか?

 

シリア内戦取材された際は、TBSの番組で放送されています。

放送された映像があれば見たかったのですが、アーカイブだけでした。

出典:http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20120811_2_1.html#

放送に対して、ジャーナリストの高世仁さんがブログで絶賛していました。

高世さんのブログ:http://d.hatena.ne.jp/takase22/20120811

放送のプロデュースを高世さんがしたそうです。

放送当日のツィートも引用されていて、ちょっとは内容が垣間見えるかもしれません。

まあ、選んで載せているでしょうし、放送自体を見てないでなんとも言えないところですが。

 

安田純平さんの家族

安田純平さんのご家族ですが、結婚されています。

テレビにも出ていますからね、妻の深結さん。

歌手の方で、1998年にORC200第3回ヴォーカルクイーンコンテストで優勝。

2000年、17歳の時に上京しました。

ということは、まだ35歳ですか。若いですね。

安田さんが現在44歳ですから、9歳差。

お子さんがいても良さそうですが、そんな感じはしませんね。

 

芸名は「mju:」→「myu:」→「Myu」→「深結」と変更しています

元の名前は、松村由美さん。

結婚されたので、松村は旧姓ですね。

Facebookもありました→https://www.facebook.com/myuchanpage/

 

あとは、安田純平さんの父親と母親もテレビに出ていらっしゃいましたね。

安田英昭さんと幸子さん。

現在78歳と74歳。

当然ですが、年齢もご高齢かと。

あまり心労をかけないほうがよいのでは?余計なお世話ですけど…

 

安田さん本人のサイトにあるように、安田さんへのバッシングとご家族は別物と考えるべきだと思います。

「自己責任の原則」とは、自分自身の行動についてのみ責任を負うということです。したがって、私の言動に対する責任を私の家族、親戚一同に求めることは今後おやめいただくようお願いいたします。

私自身の身に何かが起こった場合でも「自己責任」ですので、「自己」ではない私の家族、親戚一同への取材は一切行なわないよう重ねてお願いいたします。

(引用:http://jumpei.net/profile.html)

 

妻の深結さんは芸能人でもありますし、フェイスブックを見る限りでは、ちょっと不思議な方なので、いろいろ詮索したくなる気持ちもありますが…

あまり、深く触れないでおきましょう。

事件とは関わりないことですので。

命がけの戦場ジャーナリストと結婚するくらいですから、普通の人よりつよい思想があるのは、むしろ納得ですし。

 

安田純平さん人質事件の経緯

改めて、今回の安田さん誘拐事件の経緯の詳細をみていきます。

 

2015年1月25日に人質になっていた湯川遥菜さんが、ISILによって殺害。

2015年1月30日に、後藤健二さんがISILによって殺害されています。

実に、日本人2名がイスラム過激派組織によって拘束・殺害されていました。

 

安田純平さん人質事件は、そんな状況で起きています。

時系列に、詳細をみていきます。

 

2015年6月、トルコ南部からシリアに入国。

20日のツイートを最後に行方不明。

2015年7月4日、何者かに拘束されていることが記者仲間間で発覚。

 

2015年12月22日、国境なき記者団が「シリアの武装勢力に拘束されており、早期解決を望んでいる」という内容の声明を出す。

12月28日、国境なき記者団は「確認が不十分だった」として、声明を撤回。

 

2016年3月16日、フェイスブックに動画が公開される。どこかの部屋で椅子に座って英語でメッセージを話している1分ちょいの映像。

共同通信によると、ヌスラ戦線に拘束されているという情報。

ハフポストに掲載された動画と記事:https://www.huffingtonpost.jp/2016/03/16/junpei-yasuda-movie_n_9482008.html

出典:https://www.huffingtonpost.jp/2016/03/16/junpei-yasuda-movie_n_9482008.html

 

2016年5月29日、「助けてください これが最後のチャンスです 安田純平」と書かれた紙を持った新たな画像が公開。

出典:http://mainichi.jp/articles/20160530/k00/00e/030/089000c

 

2018年7月6日、日本ニュースネットワークが独自に入手した映像について報道。

出典:http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/443.html

撮影日は「2017年の10月17日だ」と安田さん本人が動画内で語っている。

拘束している組織は「アルカイダから離脱した武装勢力『シリア解放機構』である」と同局は報じる。

しかし、現在この動画およびニュースは削除されています。

 

2018年7月、新たな映像がVimeoで公開されていたらしいが、詳細は不明。

安田さん本人と見られる男性が

「私の名前はウマルです。韓国人です」

「今日の日付は、2018年7月25日」

「とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」

なぜ?韓国人?

しかもニュースでは軒並み、韓国人発言の部分をカットして使用。

パスポートもなぜか名字の部分にモザイク。


このため、安田さんは在日韓国人説がネットで広まりました。

 

2018年10月23日、菅官房長官が緊急記者会見。

安田さんが解放され、トルコ政府に保護されたという情報がカタール政府から入ったことを発表。

24日、河野外務大臣が、日本大使館の職員が安田さん本人と確認したことを発表。

2018年10月25日、朝、安田さんが保護先のトルコ・イスタンブールを発ち、同日夜に成田空港に到着。

 

安田純平さんについての疑問点

ここまでまとめていて、疑問に思ったことを書き出していきます。

 

①日本のパスポートは持っていたのか?

行方不明になる前のツイートで、パスポート没収されているっぽいことを書いてます。

報道では日本国籍のパスポート画像でしたが、なぜか名字までモザイク。

本当に本物のパスポート?

偽造品じゃなくて?

 

②安田純平って本名?

パスポートの名前にモザイクがかかっていたことや、ウマル、韓国人と名乗ったことから、本名でない疑いがあります。

記者で著作物もあるから、ペンネームでも不思議でないですしね。

 

③誰が何の目的で3年も拘束していたのか?

拘束されている割に、動画内で犯人からの要求がありませんでした。

報道でも、ヌスラ戦線や、アルカイダ系シリア武装勢力と変わりますし。

武装勢力が人質をとる狙いは、各国政府への要求があるからでしょう。

組織名を明かさないのは、なぜでしょう?

組織名を明かさず、人質をとっている映像だけ流すのは目的がわかりません。

また、国境なき記者団が声明をあっさり覆したり、NNNがニュースを消したりしているのも気になります。

 

④ISILの時と違って、3年も生かされたのはなぜ?

ISIL(イスラム国)は、日本政府が身代金交渉に応じないと分かると、あっさり人質を殺害し、その残虐さを世界に知らしめました。

安田さんは違う組織に捕まっていたので、無事で本当によかったのですが、なぜ、3年も拘束されて無事だったのでしょう?

外見には大きな怪我は見当たりません。

見えないところ(腹部とか)に拷問の痕でもあるのでしょうか?

 

これは拘束していた人物(組織)が分からないと、どうしようもない疑問ですが。

犯人が名乗り上げてない以上、無闇に殺害しても何の威嚇にもなりません。

日本人を捕まえたものの、身代金はとれないし、かといってタダで解放するのも勿体無くて、3年も悩んで保留していたのでしょうか?

まとめ

  • 安田純平さんは2015年6月20日以降、トルコからシリアに入っていた。
  • 2015年7月4日には拘束される。
  • 現地で拘束されるのは2004年以来で、4回目。
  • 2016年3月16日に最初の動画が公開。英語でメッセージ
  • 2018年7月に、謎の韓国人発言動画公開。
  • 2018年10月25日、解放され、トルコ経由で無事帰国。
  • 安田純平さんを拘束した組織、目的、解放された理由、全て不明。

 

2018年11月2日の記者会見で全て明らかになるのでしょうか?

1時間じゃ、絶対足りないと思いますが。

明日を待つばかりです。